1/27/2017

Americanah(アメリカーナ)

読書欲が戻ってきて、久々に洋書を読みました。


     Americanah

すごくよかったのでおすすめ。
英語も読みやすいし、現代的なのにクラシックな感じがいい。

筆者はナイジェリア出身で
アメリカとナイジェリアを行き来してる同世代の女性。
まさにわたしが目標としてる感じ。
(わたしはアメリカと日本を行き来して生活したい)

外国人としてアメリカに渡って奮闘した人、
その後母国に帰国した人は
大陸は違えど共感するところがたっぷりあると思う。

と同時に、主人公たち(作者も)はナイジェリアでも英語使うので
英語は流暢。母国できちんとした教育を受けていても
欧米に渡ると3Kの仕事から始めなければいけない。

日本人は英語はひどいけど、経済力のおかげか
先人の善行のおかげか、肌の色のおかげか、まだ恵まれた状況にはある。

わたしは主人公みたいになりたいと思ったし
作家さんにもハマってしまって
ネットでいろいろチェックしてます。

著者のことが紹介されているページ
Chimamanda Ngozi Adichie
著者の写真(おしゃれ&ステキ)とともに
心地よい発言集とか見れる(以下いくつか引用します)。

We do not just risk repeating history if we sweep it under the carpet, we also risk being myopic about our present. 
I always say I'm the kind of feminist who likes lip gloss.  
I have considered being a university professor and teaching whimsical, rant-filled classes with no obvious useful benefit. 
I realized that I was African when I came to the United States. Whenever Africa came up in my college classes, everyone turned to me. It didn't matter whether the subject was Namibia or Egypt; I was expected to know, to explain. 
Whatever I write, somebody is somehow going to find a way to show that I'm really writing about political oppression in Africa. 
The problem with stereotypes is not that they are untrue, but that they are incomplete. 
We teach girls that they cannot be sexual beings in the way that boys are. If we have sons, we don't mind knowing about our sons' girlfriends. But our daughters' boyfriends, God forbid!  
 Cooking, by the way, is a very useful skill for a boy to have. I've never thought it made sense to leave such a crucial thing - the ability to nourish oneself - in the hands of others. 
 I have chosen to no longer be apologetic for my femaleness and for my femininity. And I want to be respected in all of my femaleness, because I deserve to be. 
 Culture does not make people; people make culture. 
ものすごくパワフルで爽快、気持ちいいです!

最近New Yorkersに寄稿していて
相変わらずパワフルに、言葉の力で訴えていて、かっこいい。
Now Is the Time to Talk About What We Are Actually Talking About

この本、和訳もされてるので、読者増えるといいなぁ。
ただ、日本のアマゾンでの説明も表紙も
実際の内容とずれているように感じるのはなんでだろう。

めずらしく一度読んだ本をもう一度読もうかなと思ってます。
そして別の作品も近々読んでみるつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿